一級建築士事務所 土屋設計
  長野県東御市常田

写真 『家』 とは何なのでしょうか? 家とは、雨、風を防ぎ、暑さや寒さ…時には外敵から身(家族)を守ってくれるシェルターです。しかし、もっとも大切な事は、子供を育てたり、家族の憩いや安らぎ、団らんの場であり、明日への英気を養う場であるという事です。老いてからのまどろみの場でもありますね。…あなたの全てを委ねる空間です。子供たちが成長し、巣立っても、帰ってくるのは、やはりこの家です。まさに、家は心の故郷ですね。
 このように、家族にとって、とても大切な家ですから、
■ 頑丈な骨組みをもち、雨、風、雪等の自然条件に十分耐えられること。
■ 適度な気密性を保ち、断熱性能が高いこと。
■ シックハウス等の健康障害の起きない、住む人にとって優しい家であること。
等の事項を設計する上での基本として考えています。
 家は一軒として他と同じものはありません。あなたのライフスタイルに合った、あなただけのオリジナルな家をつくりましょう。そして何よりも、自然の素材である木材をふんだんに使った手作りの家を、出来る限りコストを圧縮して、より良いものを、より安価に皆様に提供できれば、幸いです。
 そうして完成した『家』にお住まいになられた時、建てて本当に良かった、と思っていただけるよう、日々努力してゆきます。
 私の生き甲斐は、人に喜ばれることです。自分の仕事が人に理解され、喜ばれる…素晴らしい事ですね^^

 
写真
 付柱、付土台、化粧軒裏表わしとした純和風な建物。内部にも木材を多様。内外ともに自然の木肌で囲まれた、ぬくもりと安らぎのある家です。
 
写真
 屋根は洋瓦。外壁はタイル貼、及び漆喰塗とし、南面に広いバルコニーを持つ家。暖炉のある広いリビングでの、家族団らんが楽しみです。
 
写真
 テニスコートの脇に建つ、白を基調とした別荘です。居間の吹き抜けの上の部分に、ブリッジ状の廊下が架かっています。
 
写真
 山肌に建つ八角形ドーム状の建物。中心には暖炉もあります。向かいの山から見ると、夕日を浴びた宇宙船が舞い降りたように見えます。

 
会社組織 一級建築士事務所  土屋設計
代 表 者 土屋  賢治郎      
資   格 一級建築士 一級建築施工管理技士   応急危険度判定士
住    所 〒 389 - 0515      長野県東御市常田730−2
TEL 0268-64-5500
FAX 0268-64-5501
入会 年月 2003年   9月
モットー 住むほどに造って良かったと納得の家づくり
e-mail t-sekkei@beige.plala.or.jp
web  土屋設計のホームページ

Counter:08526


『Index』から選択し、『Go!』をクリックして下さい。
オープンネット株式会社