大原一級建築士事務所
  愛知県刈谷市

修正済み(^^)写真館で証明写真を撮ってもらったら、
ちゃんと修正しておいてくれました。
メガネも無しで、とても本人とは思えませんが、
どうぞよろしく。

           ☆

 私は元々、設計施工する会社に居りましたので、
設計から施工まで、一貫して自分でやっていました。
 ですから1981年11月に事務所を開設してからは、
ごく当たり前のように『お客様が分離発注』されてきました。 

 皆さんに怒られそうですが、
私は自分の作品作りをするつもりがありませんでしたので、
施工例の写真も撮らずに来てしまいました。
(これからは撮るようにいたします。)
2002年5月26日オープンシステム説明会にて           ☆

 当事務所の姿勢を少しお話します。

 世の中には、メーカーハウスや工務店仕様の建築物で、
充分満足を得られる人も大勢いらっしゃいます。

 でも中には、ご自分達の生活や価値観に合わせて、独自の事情で
ご自分の家を建てたいとお考えになっていらっしゃる方も
大勢いらっしゃいます。

 そうお思いの方で、限らせた予算の、たとえばローコスト住宅
1軒分の費用をかけて、不都合で不満の残る「よそ様の標準的な建築物」の
痕跡を生涯見つめて住み続けていかねばならないとしたら・・・。
お気の毒ですが、それはきっとむだ遣いになると思います。
ローンを組んでまでむだ遣いするより、効率良くお金を使いたいですよね。

 建築物は「一時の売買」で済む話ではないので、
不満の残る物にお金を掛けない事が一番の節約だと思います。

 また、建築物に合わせて生きて行くなんて、居心地の悪い事が多いです。
2002年5月26日オープンシステム説明会にて予算には合わせないといけませんが、ご自分達の生き様(予算含む)に
合わせた生活環境(建築物含む)を作りましょう。

           ☆

 そもそも建築の構想は、
生活環境からトータル的に構築していくものですので、
当然立地条件の考察から既に設計行為は始まっています。

 設計士は、建物の図面を書く事だけが仕事ではありません。
図面は構想を目に見える形に表す手段の1つです。
設計行為は形のみならずどう工事するかまで想定して企画しますので、
とても大変な作業ですが、先々のこと、10年後、20年後の、
建物を建てた後のライフスタイルをシミュレーションして、
総合的に進めて行く必要があります。

           ☆

 どんな環境で、どんな生き方をしたいですか?
2002年5月26日オープンシステム説明会にてどんな情景を思い浮べますか?

 私の考える作品とは、目に見える「建物」のような物でなく、
「お客様の新しい生活」そのものです。
総合的な判断のもとにそこまで行きつく過程を設計させて頂き、
お客様の望まれる「生きていく環境」を作る事をお手伝いします。

           ☆

 生活そのものの営みや生き様は、その環境でお客様が、
生涯かけて作り上げて行かれるものだと思っています。
生きて行く途中で、生活形態にそぐわない部分が出てくれば
増改築したり、作り直す事も有得ます。

 お客様がちょうどそうされたいと思っていらっしゃる時に、
出合う事が出来たら「何でも相談出来る仲間」にならせて頂きます。

           ☆
           ☆
           ☆
会社組織 大原一級建築士事務所
代表者 大原 志津江
1953年(昭和28年)5月17日生まれ
住所 〒448-0034 愛知県刈谷市神明町1-27-3
TEL 0566-28-7244
FAX 0566-28-7244
免許資格 一級建築士・一級建築施工管理技士・インテリアプランナー・建築積算士・愛知県人にやさしい街づくりアドバイザー・ 愛知県応急危険度判定士・日本デザイナー芸術学院非常勤講師
入会年月日 2001年12月
掲載者 大原志津江
関連HP 各地の事例

添付書類 OS醍醐味考
Counter:14327


『Index』から選択し、『Go!』をクリックして下さい。
オープンネット株式会社